建築士の仕事内容や活躍の場は?

建築士 仕事内容

建築士は、建築物の設計や工事の監理を行う職業です。ここでは、建築士の仕事内容や活躍の場、資格などについて、詳しく説明します。

建築士の仕事内容

建築士とは、主に建築物の設計や工事の監理を行う職業です。まず企業や個人から建築の依頼を受け、予算やデザインなどの要望を聞きながらアイディアを提案し、イメージを作ります。それを図面に起こし、大体の構造が決定したら、内装や使用する材料などを選び、完成形へとつなげていきます。

見栄えをデザインするだけではなく、電気や空調設備を設計したり、安全性や耐震性について検討したりすることも、建築士の重要な役割です。

建築士の活躍の場

建築士として活躍できるフィールドは、設計事務所や建設会社、官公庁など様々です。独立して個人の事務所を開くケースもたくさんあります。

しかしそのためには、建築士としてのスキルだけでなく、営業に関する能力も必要です。設計事務所に勤務しながら経験を積み、人脈を広げる必要があるでしょう。また、日本だけにとどまらず、海外に活躍の場を広げることも夢ではありません。

建築士 活躍の場

建築士の資格は3種類

建築士として働くためには資格が必要です。建築士の資格には、一級建築士、二級建築士、木造建築士の3種類があり、すべて国家資格となっています。1級建築士は国土交通大臣、2級建築士は都道府県知事の免許を受け、1・2級建築士の名称を用いて、設計・工事監理等の業務を行います。その中でも最も上級である一級建築士を取得できれば、キャリアアップへの近道となるでしょう。

ちなみに、一級建築士と二級建築士は、木造建築物も鉄筋コンクリート造などの建築物も扱うことができますが、木造建築士は木造建築物しか扱うことができないため、注意が必要です。

建築士の受験資格

二級建築士の場合、大学や専門学校で指定の科目を履修して卒業すると、受験資格が得られます。建築に関する学科を卒業していない場合のみ、受験資格として実務経験が必要です。

しかし一級建築士の場合は、国土交通大臣が指定する学科を卒業した後、一定の実務経験が必要となります。その上で国家試験に合格しなくてはいけません。

お問い合わせ

キャリアライズでは、多くの建築士の方々の転職支援実績及び多くの企業様との取引実績がございます。専任のキャリアコンサルタントが二人三脚でお手伝致しますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ