一級建築士と二級建築士の違いは?

一級建築士 二級建築士 違い

一級建築士と二級建築士では、扱える建築の規模や用途、構造などに違いがあります。ここでは一級建築士と二級建築士の違いについて、詳しく説明します。

一級建築士と二級建築士では扱える建築物が違う

一級建築士と二級建築士では、設計や監理ができる建物の規模に違いがあります。一級建築士の場合、基本的には建物に制限がありません。高層ビルや敷地面積の広い大型商業施設から、一般住宅に至るまで、すべての建物の設計・監理が可能です。一方の二級建築士の場合、扱える建物に制限があります。高さは13メートル以下で軒高は9メートル以下、延べ面積は木造で1,000平方メートル以内、木造以外の場合は300平方メートル以内と定められています。また、建築物の用途にも制限が設けられており、学校や病院、集会場、百貨店などを建設する際、延べ面積が500平方メートルを超えるものについては、一級建築士でなければ設計・監理ができません。

一級建築士と二級建築士に求められる実務経験の違い

一級建築士 二級建築士 実績

一級建築士になるためには、実務経験が必要です。必要な実務経験の年数は、卒業した大学や短大の種類、指定科目の単位数などによって異なります。最短で、大学の建築課程や土木課程を卒業後に、2年の実務経験が必要です。短大や高校を卒業した場合や、二級建築士を取得している場合は、4年以上の実務経験を積むと受験資格が得られます。このように一級建築士として働くためには、ある程度の長い道のりが必要となっています。二級建築士の場合は、大学や専門学校の建築課程を卒業していれば、受験に際して実務経験は必要ありません。

一級建築士と二級建築士のキャリアアップの違い

一級建築士と二級建築士では、キャリアアップにも違いがあります。例えば、一級建築士は建築のプロフェッショナルとして企業から優遇されることが多いため、昇給や好待遇が期待できます。独立開業という道も拓けるでしょう。一方の二級建築士の場合、一般住宅の設計や工事については対応できるものの、扱える建築物に制限があります。そのため建築士として、将来あらゆる建築物を扱いたいという人は、やはり一級建築士を目指すのがおすすめです。

お問い合わせ

キャリアライズでは、多くの建築士の方々の転職支援実績及び多くの企業様との取引実績がございます。専任のキャリアコンサルタントが二人三脚でお手伝致しますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ