ボイラー・タービン主任技術者の仕事内容や活躍の場は?

ボイラー・タービン主任技術者 仕事内容

ここでは、ボイラー・タービン主任技術者について、仕事内容や活躍の場などを解説しています。

ボイラー・タービン主任技術者の仕事内容

ボイラー・タービン主任技術者の仕事内容は、発電用のボイラーや蒸気タービン、ガスタービンなどを安全に使用し、安定した電力を提供するために、管理・監督を行うことです。工事や保守・点検において責任者としての役割を果たします。専門的な知識や技術、経験が求められるため、ボイラー・タービンのスペシャリストと言っても過言ではありません。

ボイラー・タービン主任技術者の活躍の場

ボイラー・タービン主任技術者は、主にボイラーを扱う鉄鋼所やビル設備の管理会社、発電所、公共施設などで活躍することができます。こういった施設では、必ず1人はボイラー・タービン主任技術者の資格を有する人物を配置することが求められています。そのため、需要面でも安定している職業と言えるでしょう。

ボイラー・タービン主任技術者 活躍の場

ボイラー・タービン主任技術者になるには

ボイラー・タービン主任技術者になるには、資格を取得する必要があります。試験は行われておらず、申請すれば、学歴や実務経験に応じて資格が付与されます。例えば、中卒・高卒・大卒など、それぞれの学歴に応じて必要な実務経験が細かく決められており、それを満たした上で最寄りの産業保安監督部電力安全課へ申請すると、資格が認められるのです。

ボイラー・タービン主任技術者は、中卒でも取得できる貴重な資格と言えます。職場によっては、資格を取得しておくことで、手当や昇給の面で有利に働くこともあるでしょう。

ボイラー・タービン主任技術者には第1種と第2種がある

ボイラー・タービン主任技術者の資格には、第1種と第2種の2つの区分があります。それぞれ必要とされる学歴や実務経験が異なるので注意が必要です。他にも、特級ボイラー技士やエネルギー管理士、1級海技士(機関)、技術士(機械部門)の資格を持っている場合、実務経験の年数が短縮されます。

お問い合わせ

キャリアライズでは、多くのボイラー・タービン主任技術者の方々の転職支援実績及び多くの企業様との取引実績がございます。専任のキャリアコンサルタントが二人三脚でお手伝致しますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ