建築物環境衛生管理技術者の仕事内容や活躍の場は?

建築物環境衛生管理技術者 仕事内容

建築物環境衛生管理技術者は、特定建築物の環境衛生を管理・維持するために必要な国家資格です。通称「ビル管理技術者」や「ビル管理士」などとも呼ばれています。

建築物環境衛生管理技術者の仕事内容

建築物環境衛生管理技術者とは、建築物を快適に利用できるように、建築物衛生法に基づいた衛生管理の維持管理を行う職業です。具体的には、空調設備、電気設備、給排水設備、ボイラーなどといった様々な設備の管理や保守を担当します。また、害虫駆除、ねずみ防除、清掃といった業務も行います。オフィスビルや商業施設などで、利用者が快適に過ごせるのは、建築物環境衛生管理技術者が行う日頃のメンテナンスのおかげといえるでしょう。

建築物環境衛生管理技術者の活躍の場

床面積が3,000平方メートル以上になる施設では、建築物環境衛生管理技術者の選任が義務付けられています。そのため、ビルなどの高層建築、映画館やデパート、式場、ホテルといった様々な場所で活躍できます。資格の需要も高く、建築物環境衛生管理技術者になれば、将来的にビルや商業施設の管理責任者に任命される可能性もあるのです。

建築物環境衛生管理技術者 活躍の場

建築物環境衛生管理技術者の資格取得のメリット

建築物環境衛生管理技術者の資格を取得するメリットとして、就職や転職に有利ということが挙げられます。特定の条件を満たした建築物では、利用者の健康を守るために、様々な業務が必要です。そのため、ビルメンテナンス会社や商業施設などでは、とくに建築物環境衛生管理技術者が求められるのです。また企業によっては、資格保有者に資格手当を支給していることもあります。

建築物環境衛生管理技術者の資格難易度

建築物環境衛生管理技術者になるには、指定の講習を修了するか、国家試験に合格する必要があります。さらに、映画館や百貨店、店舗や学校、ホテルなどで、環境衛生の維持管理に関連する実務経験が2年以上必要です。国家試験の範囲は広く、「建築物衛生行政概論」、「建築物の構造概論」、「建築物の環境衛生」、「空気環境の調整」、「給水及び排水の管理」、「清掃」、「ねずみ、昆虫等の防除」といった7科目があります。一度に覚えるのは難しいので、毎日コツコツと勉強する方が良いでしょう。

お問い合わせ

キャリアライズでは、多くの建築物環境衛生管理技術者の方々の転職支援実績及び多くの企業様との取引実績がございます。専任のキャリアコンサルタントが二人三脚でお手伝致しますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ