電気工事施工管理技士の仕事内容や活躍の場は?

電気工事施工管理技士 仕事内容

ここでは、電気工事施工管理技士の仕事内容と活躍の場について紹介します。

電気工事施工管理技士の仕事内容

電気工事施工管理技士の仕事内容は、発電設備工事や送配電線工事など、電気工事に関する施工計画を立てることです。さらに工事現場では、工程、品質、安全に関する管理、人員の振り分けなども行います。電気工事施工管理技士の資格には1級と2級の区分があり、担当できる工事の範囲に違いがあります。

2級電気工事施工管理技士は、現場の主任技術者と一般建設業における専任技術者になることができます。1級電気工事施工管理技士は、これに加えて、監理技術者と特定建設業における専任技術者になることが可能です。

電気工事施工管理技士の活躍の場

電気工事施工管理技士の活躍の場として、あらゆる建築物の電気工事施工に携わる電気工事会社が挙げられます。

建築関連の企業でも、電気工事施工部門の技術者として活躍が期待できます。電気工事施工管理技士の対象となる工事には、発電設備工事や送配電線工事、変電設備工事、構内電気設備工事、非常用電源設備工事、照明設備工事、電車線工事、信号設備工事などが挙げられます。

電気工事施工管理技士 活躍の場

電気工事施工管理技士を取得するメリット

資格取得者は電気工事を行う専門家として、現場を監督する立場を任されます。建設業界では不可欠な人材となるため、資格を持っていると、昇進・昇給や転職にも有利です。

また、資格取得者が多く在籍する企業は、電気工事の施工技術が優れているという評価を受けます。そのため、資格取得に向けたサポートを行う企業も多く、資格の取得後は資格手当が支給されることもあるのです。

電気工事施工管理技士の試験について

電気工事施工管理技士になるには、現場での長期の実務経験が必要です。試験には学科試験と実地試験があり、両方に合格しなければなりません。

また合格基準は、全問題の60%以上の得点率となります。毎年の合格率は1級のほうが高い傾向にありますが、これは2級の取得後に1級を受ける人が多いためです。試験の難易度自体は高いといえるでしょう。

お問い合わせ

キャリアライズでは、多くの電気工事施工管理技士の方々の転職支援実績及び多くの企業様との取引実績がございます。専任のキャリアコンサルタントが二人三脚でお手伝致しますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ