電気工事士の仕事内容や活躍の場は?

電気工事士 仕事内容

電気工事士の仕事内容は、ビルや住宅、鉄道などの電気設備に関連する工事です。活躍の場が広く、住宅に暮らす人々や施設を運営する人などを支える重要な役割を果たしています。

電気工事士の仕事内容

電気工事の分野は大きく分けて「建築電気工事」と「鉄道電気工事」の2種類です。以下にて、それぞれの仕事内容について詳しく説明します。

建築電気工事

建築電気工事とは、その名の通り建築物に必要な電気工事のことです。ビルや一般住宅、ホテル、商業施設、医療施設など、あらゆる建築物の電気設備の取り付けやメンテナンスを行います。新築の際であれば、電気配線の設置や電気設備の据え付け、配電盤の設置なども電気工事士の仕事です。既存の建物の場合、配線や電気設備の追加なども担当します。このように、電気工事士は電気にまつわる幅広い業務を行うのです。

鉄道電気工事

鉄道はいろいろなシステムが合い重なって稼働しているものです。例えば、電車に電気を送る架線、踏切や鉄道の信号、駅の照明通信システムなどがあります。これらの施設が故障しないように、電気工事士が保守業務を行うのです。安全で快適な電車の運行を守るために、鉄道電気工事に関わる電気工事士は重要な役割を果たしています。

電気工事士の活躍の場

電気工事士 活躍の場

電気工事士の活躍の場として、電気工事会社や電力会社、建設・建築会社などが挙げられます。そのほか、一部の家電メーカーや工務店などで電気工事士として働くケースもあります。電気に関連した様々な工事を担当する電気工事士。その仕事内容は、専門的なものばかりではありません。

現場によっては、電柱を設置するために穴を掘ったりペンキを塗ったりと、電気工事以外の業務を行うことがあるため、飽きの来ない仕事といえるでしょう。

電気工事士は、資格を持っていなければ業務を行うことができない、専門的な職業のひとつです。資格を取得すれば、あらゆる場所での電気工事が可能となるため、仕事の幅も広がります。

お問い合わせ

キャリアライズでは、多くの電気工事士の方々の転職支援実績及び多くの企業様との取引実績がございます。専任のキャリアコンサルタントが二人三脚でお手伝致しますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ