電気工事士のキャリアアップについて

電気工事士 キャリアアップ

電気工事士の資格を取得すると、将来的に活躍できる仕事の範囲が広がります。ここでは、電気工事士のキャリアアップについて紹介します。

現場でのキャリアアップを目指す場合

現場でのキャリアアップを目指す場合、まずは資格がなくてもできる簡単な仕事や補佐的な業務に従事していくことになります。その間に作業の工程や方法、施工図の見方などを身につけて、電気工事ができる「第2種電気工事士」の資格取得を目指しましょう。

第2種電気工事士を取得し、実務経験を積んでから、第1種電気工事士の資格試験に臨むという人も多くいます。第1種電気工事士に合格すれば、より幅広い分野で活躍することが可能です。

また第2種電気工事士を取得後、「認定電気工事従事者認定講習」を受講すると、「認定工事従事者」としてより広く電気工事を担当できるようになります。第1種電気工事士の免状交付を受けるには、3年以上の実務経験が必要となるため、第2種電気工事士を取得後、まずは認定工事従事者を目指すという人も多いようです。

施工管理のキャリアアップを目指す場合

将来的に施工管理を目指している場合、第1種電気工事士の資格を取得した後に、「電気工事施工管理技士」の資格を取るという選択肢があります。電気工事施工管理技士を取得すると、電気工事の現場監督に就くことが可能ですが、取得には年月も手間もかかり、容易ではありません。

しかし資格を取得すると、ゼネコンの設備担当や電気会社の現場監督などへのキャリアアップも見込めます。したがって施工管理の分野でキャリアアップを目指している人にはおすすめの資格と言えるのです。

電気工事士 資格

電気工事士のキャリアアップに役立つ資格

電気工事士として働いていても、場合によっては電気工事以外の業務をこなすこともあります。そのため、様々な資格を取得しておくこともキャリアアップの近道となるでしょう。おすすめの資格として、フォークリフト運転技能者、移動式クレーン運転士、足場の組立て等作業主任者、監理技術者、酸素欠乏危険作業主任者などが挙げられます。

お問い合わせ

キャリアライズでは、多くの電気工事士の方々の転職支援実績及び多くの企業様との取引実績がございます。専任のキャリアコンサルタントが二人三脚でお手伝致しますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ