電気工事士の需要や将来性は?

電気工事士 需要

電気工事士は、今後ますます重宝される仕事のひとつです。ここでは、電気工事士の需要や将来性についてご紹介します。

電気工事士の仕事は拡大中

水道やガスと同様に、電気は現代の生活に欠かせないものとなっています。電気製品の取り付けに加え、メンテナンスや老朽化した設備の交換など、常に工事が必要です。

人々の生活が続く限り、電気工事士という仕事が廃れることはないでしょう。むしろ、今後は活躍の場がさらに広がっていくと予想されます。なぜならエコ意識の高まりから太陽光発電や電気自動車が普及し、設置や環境整備に際して電気工事が必要となるためです。

実際に、企業だけでなく一般家庭でも太陽光発電設備の取り付けが進んでいます。省エネ化が進むということは、電気工事士にしかできない工事も増えていくということなのです。

電気工事士は人手不足ともいわれている

増していく需要と反対に、電気工事士の人材不足が叫ばれています。少子高齢化が進み、社会全体で労働人口が縮小する現象は、電気工事士も同様です。中には、すでに少人数で現場の工事をしなければならなくなっているという会社もあるようです。

そのため、人材確保や一刻も早い若手の教育が課題となっています。電気工事士として働く場合、スキルが求められます。一人前になるまでに時間がかかることから、資格保有者であり現場経験が豊富であればあるほど、待遇の良い職場で働ける可能性も高いでしょう。

電気工事士 人手不足

女性電気工事士の需要も増えている

エアコンのように、室内に設置する電気製品はたくさんあります。電気製品を設置するには電気工事士の資格が必要なことが多く、その場合、購入した後に電気工事士に設置してもらわなければなりません。

そんな中、女性の一人暮らしや、女性だけで住んでいる家庭などで、男性ではなく女性の電気工事士にお願いしたいという要望が増えています。そういったことから、今後は女性電気工事の需要も高まっていくと考えられます。

お問い合わせ

キャリアライズでは、多くの電気工事士の方々の転職支援実績及び多くの企業様との取引実績がございます。専任のキャリアコンサルタントが二人三脚でお手伝致しますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ