電気工事士の第1種・第2種の違いは?

電気工事士 第1種・第2種 違い

電気工事士の資格には第1種と第2種があり、それぞれ従事できる工事の範囲が異なります。ここでは、第1種電気工事士と第2種電気工事士の違いについて、詳しく説明します。

工事内容の違いについて

第1種電気工事士と第2種電気工事士では、従事できる電気工事の範囲が違います。

第2種電気工事士は、一般住宅や小規模な店舗などにおいて、600V以下で受電する電気設備の工事を行うことができます。比較的規模の小さな電気工事となるため、多くの人は第1種電気工事士の取得を目指します。

第1種は、第2種で指定されている範囲に加え、最大500KW未満のビルや工場などの電気工事に従事することが可能です。そのため、より広範囲の仕事を請け負うことができるのです。

試験の違いについて

電気工事士の試験は、第1種・第2種どちらの場合も「筆記試験」と「技能試験」の2つに分かれます。筆記試験で出題される範囲は、第1種の方が広くなります。

また、第1種電気工事士は自家用電気工作物を取り扱うため、工事の際には計算公式を使用できなくてはいけません。そのため、第一種の試験では計算問題の難易度が高くなります。

技能試験の違いについて

技能試験は、筆記試験に合格した人か、筆記試験の免除者のみが受けることができます。配線図をもとに、出題された作業を一定時間以内に完成させるという内容です。

第1種の試験では、自家用電気工作物の「検査・操作・故障の修理」などが出題されるため、第2種の試験に比べて難易度が上がります。日頃の実務経験を生かすことはもちろん、過去問を参考に職場などで練習を行うとよいでしょう。

第一種電気工事士になるには実務経験が必要

第1種の免許を取得するには、試験の合格に加えて5年以上の実務経験が必要です。電気工学に関する学科を卒業している場合でも、3年以上の実務経験が条件になります。

第2種電気工事士の場合は、実務経験は必要ありません。試験に合格後、各都道府県知事に申請を行えば、免状が交付されます。

お問い合わせ

キャリアライズでは、多くの電気工事士の方々の転職支援実績及び多くの企業様との取引実績がございます。専任のキャリアコンサルタントが二人三脚でお手伝致しますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ