土木施工管理技士の仕事内容や活躍の場は?

土木施工管理技士 仕事内容

ここでは、土木施工管理技士の仕事内容や活躍の場、資格の取得方法などについて説明しています。

土木施工管理技士の仕事内容とは

土木施工管理技士の仕事内容は、主に道路や河川、橋といった大規模工事の施工計画を作成し、工程の管理を行うことです。施工計画では施工前の調査に基づき、施工手順をまとめなければなりません。そして、工事が始まれば現場の工程やコストの管理も行い、必要な届出を区役所に提出することもあります。部材置き場の確保や工事の安全の確保、地域住民への説明といったことも、土木施工管理技士の仕事です。

土木施工管理技士の活躍の場

土木施工管理技士の活躍の場として、主にゼネコンや、土木・建築関連会社が挙げられます。私たちの生活に欠かすことのできない公共工事を中心に、あらゆる土木工事に携わります。具体的には、建築物の基礎工事や上下水道工事のほか、河川や道路、鉄道、トンネル、橋、ダム、港湾などの工事です。土木施工管理技士が活躍できるフィールドはとても広いといえるでしょう。

土木施工管理技士 活躍の場

土木施工管理技士を取るメリット

インフラ開発や道路の修復など、公共事業を行う現場で、土木施工管理技士の存在は欠かせません。鉄道開発、空港開発、マンションなどの都市再開発も増加傾向にあり、需要はますます高まっています。しかし現在、土木施工管理技士の数は決して多くありません。資格を持っていれば、就職や転職に有利といえるでしょう。また、昇進や給与の面でも優遇が期待できるのです。

土木施工管理技士の試験について

土木施工管理技士になるためには、国家試験に合格する必要があります。この国家試験の受験資格として、学歴に応じた実務経験が必要です。試験は学科試験と実地試験に分かれており、学科試験の合格者のみが実地試験を受けることになります。万が一実地試験で不合格となった場合は、翌年の学科試験が免除されるので、翌年の実地試験を受けて合格すれば資格が取得できます。

お問い合わせ

キャリアライズでは、多くの土木施工管理技士の方々の転職支援実績及び多くの企業様との取引実績がございます。専任のキャリアコンサルタントが二人三脚でお手伝致しますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ