エネルギー管理士の仕事内容や活躍の場は?

エネルギー管理士 仕事内容

ここでは、エネルギー管理士の仕事内容や活躍の場、資格について紹介しています。エネルギー管理士として就職や転職を目指す方は、参考にしてください。

エネルギー管理士の仕事内容

エネルギー管理士の仕事内容は、一定以上の燃料や電気を使用する工場や事業所での、エネルギー消費設備の管理監督、使用方法の改善、監視などです。また経済産業省で定められている仕事として、エネルギー使用の合理化に関する設備の維持と定期報告書等の作成があります。

省エネルギーを推奨する時代において、エネルギー管理士は必要不可欠な存在です。日本で使用するエネルギーの多くは海外に頼っているため、省エネに対する意識が高いとされています。そんな省エネ意識が高い日本だからこそ、エネルギー管理士が重宝されているのです。

エネルギー管理士の活躍の場

エネルギー管理士 活躍の場

エネルギー管理士の活躍の場として、自動車工場や電子機器工場、化粧品工場、食品工場など、業界を問わず様々な場所が挙げられます。省エネルギー法によって、年間エネルギー使用量(熱・電気合算の原油換算値)が3,000キロリットル以上の第1種エネルギー管理指定工場のうち、特定の5業種(製造業、鉱業、電気供給業、ガス供給業、熱供供給)では、その事業所や工場内に1~4人のエネルギー管理士を配置することが義務付けられています。

また、選任する事が省エネ法で義務付けられている資格です。そのため、工場や事業所が増えるほど、エネルギー管理士の需要も高まっていくと言えるのです。

エネルギー管理士の資格取得方法

エネルギー管理士として認められるには、国家試験を受験して合格するか、研修を受けるという2つの方法があります。国家試験の場合、誰でも受験ができますが、免状を受けるためには1年間以上の実務経験が必要です。試験はマークシート方式で行われ、熱分野と電気分野の2種類から選択して受験する仕組みになっています。

また研修を受けて資格を取得する場合、受験資格として実務経験が3年以上必要です。そのため経験者向きとなっています。エネルギー管理士の資格を持っていることで、就職や転職で有利になることに加え、給与や昇格においても優遇されやすいといったメリットがあります。

お問い合わせ

キャリアライズでは、多くのエネルギー管理士の方々の転職支援実績及び多くの企業様との取引実績がございます。専任のキャリアコンサルタントが二人三脚でお手伝致しますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ