技術士の仕事内容や活躍の場は?

技術士 仕事内容

技術士とは、科学技術に関する高い応用能力が必要な事項について、計画や研究などを行う者と定められています。ここでは、技術士の仕事内容や活動の場について紹介します。

技術士の仕事内容

技術士は、科学技術における応用面に関わる技術者にとって、最も権威のある国家資格です。「機械部門」、「船舶部門」など21の技術部門に分かれており、産業・経済や社会生活に関わるあらゆる分野をカバーしています。技術士の仕事内容として、技術コンサルティング業務が挙げられます。

具体的には、企画や技術調査、設計、工事監理などです。ちなみに、最も受験者数と合格者数が多いのは、建築部門です。建築部門の技術者になることで、建築物だけではなくインフラ整備にも携わることができます。

技術士 活躍の場

技術士の活躍の場

技術士として活躍できるフィールドは様々です。技術コンサルティングを行う企業のほか、企業内の技術部門、公的機関での行政業務、教育・研究機関での研究活動、弁護士事務所等での知的財産評価などが挙げられます。また、専門家派遣等により、海外に活躍の場を広げることも可能です。自ら会社を経営することもできるでしょう。

技術士試験の資格について

技術士には、「技術士補」と「技術士」があります。技術士第1次試験を合格すると「技術士捕」となり、第2次試験に合格すると「技術士」になります。第1次試験は専門科目(必須科目)と共通科目に分かれます。専門科目は、21の技術分野から1つを選択し、対応する科目を受験します。共通科目は選択制となっており、数学、物理学、化学、生物学、地学の中から2科目を受験します。

第2次試験では、選択した技術部門と、その部門ごとに設定された選択科目を受験します。第2次試験は、筆記試験と、筆記試験合格者を対象とした口頭試験の2種類です。技術士試験を受けるには、一定の実務経験を積む必要はありますが、国籍や学歴、年齢などは関係ありません。また、特定の国家資格を保有している人であれば、共通科目の試験が免除されることもあります。

お問い合わせ

キャリアライズでは、多くの技術士の方々の転職支援実績及び多くの企業様との取引実績がございます。専任のキャリアコンサルタントが二人三脚でお手伝致しますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ