技術士資格のメリットとは?

技術士 メリット

技術士になることで、資格取得者だけではなく、所属先の企業などにも大きなメリットがあります。ここでは、技術士資格を取得することで得られるメリットについて紹介します。

技術士になるメリット

技術士とは、産業や社会に関わる科学技術の21分野をカバーする資格です。技術士になるには、難しい試験に合格しなければなりません。しかし難関資格であるからこそのメリットがあります。例えば、技術士の資格を取得することで、給与面で優遇されることが挙げられます。さらに企業によっては資格手当や合格祝い金などを支給している場合もあります。

また、公害防止管理者や弁理士といった、技術士以外の国家試験を取得する場合、試験の全て、もしくは一部が免除されるというメリットもあるのです。尚、技術士は、国家試験によって一定レベルの問題解決能力を認証されており、秘密保持義務も課されています。無資格の技術コンサルタントと比較して、顧客・社会の信用を得やすいと考えられます。

技術士になることで企業にもメリットがある

技術士を取得すると、取得した本人だけでなく、所属する企業にもメリットがあります。例えば、公共工事を請け負う企業であれば、会社の公共工事評価が上がるという点が挙げられます。公共工事評価が上がることで、工事の受注金額も上がります。

さらに、技術コンサルタントとして受注できるメリットもあります。この公共工事評価点は、技術士1名あたりに決まった点数が加算される方式です。そのため、技術士の資格を持つスタッフが会社に増えれば増えるほど、企業にとっても大きなメリットとなるのです。

技術士 資格 メリット

技術士間の交流もメリットのひとつ

技術士になると日本技術士会に入会できます。日本技術士会とは、技術士制度の啓発や普及を行う団体で、現在12,000人の技術士が会員となっています。こうした団体に所属することで、技術士や専門職技術者のネットワークに参加でき、膨大な実務経験のデータベースに触れることができます。

また、技術士は21もの幅広い部門を持つ資格なので、自分の専門外の部門についても相談や情報交換が可能です。個別の学会や協会に所属する場合に比べて、総合性を高められる環境といえるでしょう。

お問い合わせ

キャリアライズでは、多くの技術士の方々の転職支援実績及び多くの企業様との取引実績がございます。専任のキャリアコンサルタントが二人三脚でお手伝致しますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ