管工事施工管理技士の仕事内容や活躍の場は?

管工事施工管理技士 仕事内容

管工事施工管理技士は、管工事の業務進行を支える重要な役割を担い、現場指導・監督する立場にあります。ここでは、管工事施工管理技士について紹介します。

管工事施工管理技士の仕事内容

管工事施工管理技士とは、主に冷暖房設備、空調設備、ガス管配管設備、浄化槽設備、上下水道配管設備などの管工事全般に関わる人を対象にした専門資格です。仕事内容は、主に管工事における施工計画の作成です。さらに実際の現場で、管工事の質的向上のために、工程管理や品質管理、安全管理などを行うことも重要な業務です。

管工事施工管理技士の活躍の場

管工事施工管理技士の主な活躍の場として、建設会社や配管工事会社が挙げられます。また分譲マンションの管理組合では、建物のメンテナンスを外部委託するケースがあり、マンション管理会社でも管工事施工管理技士の需要が増えています。管工事施工管理技士は、管工事を行う現場で必要不可欠な存在です。

管工事施工管理技士 活躍の場

管工事施工管理技士を取得するメリット

管工事施工管理技士になると様々なメリットがあります。管工事を行うこと自体は、資格は必要ありません。しかし管工事の現場で責任者となるには、資格が必要です。

管工事施工管理技士の在籍数が多い建設会社は施工技術が高いと評価されるため、公共工事を請け負う場合に有利となります。そのため、建設会社では、資格所有者を優先的に採用しているのです。管工事施工管理技士を取得することで、就職や転職の際に役立つでしょう。

管工事施工管理技士の取得難易度

管工事施工管理技士の資格には1級と2級があります。試験を受けるためには、学歴に応じた一定期間の実務経験が必要です。1級はさらに受験条件が厳しく、試験も高難度となっています。

試験は、1級・2級とも学科試験と実地試験の2種類です。学科試験では「機械工学」、「施工管理法」、「法規」に関する内容が問われ、実地試験では「施工管理法」から問題が出題されます。学科試験と実地試験ともに60%以上の正解率で合格です。

お問い合わせ

キャリアライズでは、多くの管工事施工管理技士の方々の転職支援実績及び多くの企業様との取引実績がございます。専任のキャリアコンサルタントが二人三脚でお手伝致しますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ