建築施工管理技士の仕事内容や活躍の場は?

建築施工管理技士 仕事内容

ここでは、建築施工管理技士の仕事内容と活躍の場について説明します。

建築施工管理技士の仕事内容

建築施工管理技士の仕事内容は、建築工事や大工工事、屋根工事、内装工事など、建築に関する工事の施工計画を作成することです。また、現場での工程や品質を管理する立場も任されます。施工計画の作成は、施工図をもとに、人員の割り振りや使用する機材、工期を想定して行わなければなりません。そのため、建築施工管理技士の役割は非常に重要です。

さらに、施工における安全の確認、社員の指導・教育なども含めて担当することもあります。建築施工管理技士の資格を持っていると、現場に精通した経験豊かな人材として認められるのです。

建築施工管理技士の活躍の場

建築施工管理技士の活躍の場は、建設会社や工務店、ハウスメーカー、設備機器メーカーなどです。建築施工管理技士は、施工管理の資格のなかでも人気の高い資格です。近年、建築工事は高度化・多様化しており、企業からも引く手あまたな状態といえます。

建築施工管理技士 活躍の場

建築施工管理技士を取得するメリット

建築施工管理技士の資格を取得していると、施工技術における高度な技術と経験が身に付いているという証明になります。また、取得者が多く在籍する企業は、施工技術や管理能力が優れている建設会社だとアピールすることができます。

そのため、資格取得に向けた支援を行っている企業もたくさんあるのです。合格した社員は、現場の責任者として活躍できるため、昇給や昇進にも期待ができます。

建築施工管理技士の資格取得の難易度

建築施工管理技士の資格には、1級と2級があります。どちらも受験資格として、一定の実務経験が必要です。試験には、学科試験と実地試験の2つがあります。学科試験では建築学、施工管理法、法規などの問題が出題され、実地試験では施工管理法について問われます。

また合格基準は、その年の平均点の高低で変わります。毎年試験後に、建築業振興基金のホームページで発表されるので、1度確認をしておきましょう。

お問い合わせ

キャリアライズでは、多くの建築施工管理技士の方々の転職支援実績及び多くの企業様との取引実績がございます。専任のキャリアコンサルタントが二人三脚でお手伝致しますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ