公害防止管理者の仕事内容や活躍の場は?

公害防止管理者 仕事内容

公害防止管理者は、大気汚染や水質汚染といった公害を防止するために設けられた資格です。ここでは、公害防止管理者の仕事内容や活躍の場、資格の概要などについて説明します。

公害防止管理者の仕事内容

公害防止管理者の主な仕事は、特定の工場や製造現場などから出る空気や水を検査し、環境改善の提案をすることです。特定の工場とは、有害物質を取り扱っている化学工場や、大気汚染や水質汚濁が懸念される工場などを指します。

こうした工場では、公害防止管理者を選任しなければなりません。加えて、工場で発生する騒音や振動などに関しても、公害防止管理者の検査範囲となります。従事する会社や工場だけでなく、社会に与える影響も大きい仕事といえるでしょう。

公害防止管理者の活躍の場

公害防止管理者の活躍の場として挙げられるのは、「特定工場における公害防止組織の設備に関する法律」で指定される4業種です。これは製造業(物品の加工業も含む)、電気供給業、ガス供給業、熱供給業の4つを指し、公害発生のおそれがある工場設備で業務を行うことになります。また近年では、生産拠点を海外に置く企業も多くあるため、グローバルな活躍が期待できる資格ともいえます。

公害防止管理者 活躍の場

公害防止管理者の資格区分

公害防止管理者の資格には、工場施設の規模や種類によっていくつかの区分があります。具体的には、大気関係(第1種~第4種)、水質関係(第1種~第4種)、特定粉じん関係、一般粉じん関係、騒音振動関係、ダイオキシン類関係、公害防止主任管理者の13種類です。

すべての資格を取得することも可能ですが、まずは自分が必要とする区分から取得するのが良いでしょう。バイオ発電等に興味のある方は大気関係を取得するのも良いでしょう。

公害防止管理者の資格を取るメリット

公害防止管理者の資格を取得することで、転職の際に優遇されることがあります。給与の面でも、特別手当が支給されることも少なくありません。また、公害防止管理者の資格を持っていると、「技術士」や「作業環境測定士」の試験を受ける際に、受験科目の一部が免除されるといったメリットもあります。将来的にこれらの資格を目指している人には、有利といえるでしょう。

お問い合わせ

キャリアライズでは、多くの公害防止管理者の方々の転職支援実績及び多くの企業様との取引実績がございます。専任のキャリアコンサルタントが二人三脚でお手伝致しますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ