施工管理技士の仕事内容や活躍の場は?

施工管理技士 仕事内容

ここでは、施工管理技士の仕事内容や活躍の場、資格を取得するメリットなどについて詳しく紹介します。

施工管理技士の仕事内容

施工管理技士の仕事は、建設工事や土木工事、電気工事、造園工事などの現場における、工程管理、安全管理、品質管理などです。計画的に、そして安全に工事を進めるために欠かせない存在であるといえます。また、受注側との調整や、現場の技術者への指導なども施工管理技士の仕事です。これらの業務を行えるのは、施工管理技士の国家試験に合格し、資格を取得した人に限られます。

施工管理技士の活躍の場

施工管理技士はいくつかの種目に分かれています。具体的には、土木施工管理、建築施工管理、電気工事施工管理、管工事施工管理、建設機械施工、造園施工管理の6種目です。そのため、種目によって活躍の場は異なります。例えば、土木施工管理技士であれば、河川や橋梁などの土木工事で活躍が可能です。

また管工事施工管理技士の場合、空調設備やダクトなどの管工事の場で活躍できます。各資格には、それぞれ1級と2級が設けられており、1級施工管理技士の資格を取得すれば、監理技術者として働くことも可能です。

施工管理技士 活躍の場

施工管理技士の資格を取得するメリット

施工管理技士の資格を取得すると、様々なメリットがあります。公共工事の元請になるためには、経営事項審査の技術力評価において高得点を取らなければなりません。

技術力の評価を上げる方法として、施工管理技士の資格取得者を増やすことが挙げられます。1級施工管理技士が在籍していれば1人につき5点、2級でも2点が加算されます。そのため、公共工事の受注を受ける企業では、施工管理技士の需要が高くなっています。企業によっては、施工管理技士の資格取得者を優遇することもあるため、就職や転職において非常に有利な資格です。

施工管理技士の試験について

施工管理技士の試験は、国土交通大臣が指定した機関で行われます。受験資格や日程などは、種目によって異なるので注意しましょう。試験は学科試験と実地試験に分かれており、両方に合格する必要があります。学科試験に合格して、実地試験に不合格だった場合、翌年の試験では学科試験が免除されます。

お問い合わせ

キャリアライズでは、多くの施工管理技士の方々の転職支援実績及び多くの企業様との取引実績がございます。専任のキャリアコンサルタントが二人三脚でお手伝致しますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ