建築設備士の仕事内容や活躍の場は?

建築設備士 仕事内容

建築設備士とは、建築士に対して建築設備の設計や工事監理に関するアドバイスができる資格者のことです。ここでは、建築設備士の仕事内容や活躍の場について説明します。

建築設備士の仕事内容

建築設備士は、あらゆる建築設備の知識や技術を持ち、建築士に対して設備や工事に関する適切な助言を行える職種です。そもそも建築設備とは、建築物における配管や機械で構成されたシステムのことです。具体的には、エアコンや換気扇などの空調設備、水道やトイレなどの給排水衛生設備、照明などの電気設備などを指します。これらの建築設備に関する専門的な知識や技術を備えるのが建築設備士なのです。

仕事内容は、あくまでも建築設備に関してアドバイスを行うものであり、自ら建築物の設計に携わることはありません。建築士から助言や意見を求められた際にのみ、意見を明らかにします。

建築設備士の活躍の場

建築設備士の資格を取得すると、建築会社や設計事務所、建築設備メーカー、空調や電気の設備メーカーなどで活躍することができます。そのほか、不動産会社やビル管理会社、メンテナンス会社での需要もあります。

ちなみに、建築士が建築設備士のアドバイスを受けずに建物を設計し、工事を行うことは可能です。ただし、高層マンションやオフィスビルなどでは、建築構造の高度化・複雑化が進んでいることから、建築設備の専門家である建築設備士の需要が増えているのです。

建築設備士 活躍の場

建築設備士になるには

建築設備士の資格を取得するには、建築設備に関連する実務経験が必要になります。必要な年数は学歴や所有済みの資格によって異なるので注意が必要です。実務経験を積んだ後、公益財団法人建築技術教育普及センターが実施している「建築設備士試験」を受けて、合格すれば資格を取得できます。

試験は「建築一般知識」、「建築法規」、「建築設備」、「基本設計製図」といった分野から出題されます。難易度の高い内容になっているので、参考書や過去問などを解くなどして効率の良い試験対策を行いましょう。

なお、建築設備士の資格を取得してから4年以上の実務経験を積むと、一級建築士の受験資格が与えられます。そのため、将来一級建築士になりたいという人は、その第一歩として建築設備士を目指してみるのも良いでしょう。

お問い合わせ

キャリアライズでは、多くの建築設備士の方々の転職支援実績及び多くの企業様との取引実績がございます。専任のキャリアコンサルタントが二人三脚でお手伝致しますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ